亡くなってしまったら

大切なペットちゃんとの別れはとても悲しい出来事です。
動物病院などで亡くなった場合は、獣医師のもと適切な処置をしてもらえますが、自宅で看取った場合はご自身で処置をしてあげて下さい。
自宅で看取った後、ご葬儀までにするべき自宅での処置と安置方法をご案内します。

亡くなってしまったら

大切なペットとの別れはとても悲しい出来事です。
動物病院などで亡くなった場合は、獣医師のもと適切な処置をしてもらえますが、自宅で看取った場合はご自身で処置をしてあげて下さい。
大切な家族であるペットを自宅で看取った後、ご葬儀までにするべき自宅での処置と安置方法をご案内します。

安置する棺の用意

ご遺体を収める棺(箱)を用意し、ビニールシート、バスタオルや新聞紙などをしきます。

体を清めて手足を整える

ブラシで毛並みを整え、お湯で湿らせた布等で体をきれいに拭いてあげましょう。まぶたや口が開いている場合は優しく閉じてあげると良いでしょう。口や肛門から体液や血液が出てくることもあるので、慌てず、ガーゼで拭きとってあげて下さい。
体を綺麗に拭いてあげた後は、手足を胸の方へ折り曲げ死後硬直に備えます。これを行わないと、棺に入れる際に体が収まらなくなる場合があります。

納棺する

遺体が傷まないよう、保冷材、ドライアイスをタオルにくるみ、頭やおなかの辺りを十分に冷やしてあげます。
お腹や頭部を冷やすことで腐敗を防ぐことができます。
夏場はなるべくエアコンの温度を下げます。冬場の暖房がきいた部屋に安置する時にも注意が必要です。

お別れの時を過ごす

遺体を火葬で葬るまでの間は、飼い主と親しかった友人がペットちゃんと過ごせる最後の時間です。
納棺後はタオルなどを上からかけてあげ、たくさんの「ありがとう」の気持ちと出会えた奇跡に感謝して、出来るだけ寄り添ってあげて下さい。